忘れん坊の外部記憶域

興味を持ったことについて書き散らしています。

失敗を批難する人は、ただ足を引っ張っているだけ

たまには珍しく、少し直接的な苦言を。 失敗は必ず生じる上、目にもつきやすい 新しいモノやコトにトラブルは付きものです。特に複雑系の大きなシステムを変える時には失敗せずに順調に置き換わることのほうがレアケースだと言えます。 なぜならば私たちは預…

離れるほどではなく、近づけるほどでもなく

平日の早朝7時頃 通勤電車へ乗る前後の時間。 イヤホンから流れる英会話音声を聞き流しながら、スマートフォンを用いてブログへ記事を投稿する。 数日前に書いた記事であればすでに確認済みなのでそのまま、前日書いたものであれば誤字脱字の確認をしてから…

無知への謙虚さ

私たちは日々様々な情報に触れています。 しかしそれらは世界に存在している情報量からすれば極めて僅少なものに過ぎません。 よって私たちは知っている情報を基に物事を判断することよりも知らない情報があることを前提として思考をしたほうが適切な場合が…

理系的な「挨拶」推奨理論

挨拶はビジネスマナーとして社会人一年生に教育されることの一つです。 たぶん恐らくきっと大抵の新人研修で教育されていることでしょう。 今回はそんな挨拶について、挨拶は絶対にしたほうがいいという話をしましょう。 もはや各所で語り尽くされてきた話題…

人に嫌われなくてもいいんじゃないかな

八方美人を推奨するわけではないけども。 実はアドラーはちゃんと読んでない おそらく10年くらい前にベストセラーとなった本の影響か、今でもよくネット上で見かける「嫌われる勇気」について。 この本は読んでいないので具体的な内容はよく分かっていません…