忘れん坊の外部記憶域

主に時事やビジネス、政治経済や興味を持ったことについて書き散らしています。

技術屋の目線

物事の始め方や続け方に関する理系っぽい考え方

物事の始め方や続け方についてはビジネス書や自己啓発本などで様々な理論や理屈が説明されています。そんな中の一つとして理系・技術屋の私がどのような考え方、解釈をしているかを説明してみます。 理系を代表するほど真っ当な考え方ではありませんが、でも…

製造業は不良ゼロを目指すべきではない

昨今に限らず企業による事件や不正行為が発覚した際には多くの企業が襟を正して不正ゼロ、事故ゼロ、不良ゼロを謳います。もちろん法規制への不適合やコンプライアンス違反といったものは社会的に許容されるものではありませんので改善処置が必須です。しか…

他国から見た憲法の存在

政治に関しても時々話題にする私ですが、あまり触れたくない話題もあります。人それぞれ意見が少しずつ異なるような話題です。意見が紅白はっきり分かれていれば両論併記しやすいのですが、憲法やフェミニズム、経済のようなテーマは是々非々なところが多々…

仕事したくない心理を考える

もの凄く批判を受けそうなことから書き始めるのですが、私は就きたい仕事に就いてやりたいようにやっているので仕事がしたくないとはそんなに思わないです。うーん、各方面からお叱りを受けそうです。 そんな人間でも当然ながら「仕事したくないなー」という…

得意分野があると勉強が楽になる?

勉強はどうやってやればいいですか?と時々聞かれるのですが、まあ好きにやりなよとしか言えないもどかしさがあります。私の勉強方法、記憶術はそこまで人に推奨できるものではないからです。ちょっと参考程度に記録しておきましょう。 個人的な記憶法と弊害…

技術屋は情報収集のアンテナが重要

超大手ブロガーであるフミコフミオさんが新しい記事で「会社の長老がDXのことをデジタルトランスフォーメーションではなくデラックスと勘違いしていた」という笑い話(笑っていいものか?)を投稿していました。面白かったので会社の後輩に話してみたところ、…

企業の体質はトップによって決まる~技術屋から見た不祥事

製造業の不祥事が続いています。過去を遡れば極端に件数が増えたわけではないのですが、2017年の神戸製鋼のデータ改ざん事件を契機として大手メーカーが相次いで不正・不祥事を報告していることから日本の製造業全体の信頼度が低下していることは事実です。…

多忙は言い訳に過ぎない?~ヒューマンファクターの観点から見る

「多忙 言い訳」で検索すると、もの凄い量の「多忙は言い訳に過ぎない」「仕事ができない人の特徴」「無能」「出世できない」「駄目なオトコだから付き合ってはいけない」というような検索結果が出てきます。最後のは別の話なのでちょっと置いておいて、仕事…

日本人論の否定~理系の屁理屈

以前の記事でも書きましたが、「日本人は○○だから」という日本人論を私はあまり好んでいません。 別に人種云々みたいな政治的・イデオロギー的な話ではないです。私は日本が好きなので多少の贔屓目があるのは否定しがたいところですが、どちらかというと根拠…

工学屋から見た経済学への違和感

私は技術職の人間であり、つまるところ専門は自然科学や応用化学の分野が主となります。趣味は人文科学と社会科学の勉強です・・・それってどうなんでしょうね、色々な意味で。 そんな技術屋/工学屋の視点から経済学に関する違和感をちょっと語ってみます。 違…

確証バイアスをどう避けるか~技術屋の見解

自分の考えや仮説、信念を検証する際にそれを支持する情報ばかりを集めて、反対する情報を無視したり集めようとしない傾向のことを確証バイアスといいます。認知バイアスの一種で、人間である以上避けにくい問題の一つです。 確証バイアス - Wikipedia 最近…