忘れん坊の外部記憶域

主に時事やビジネス、政治経済や興味を持ったことについて書き散らしています。

科学

度量衡と単位系について

若手の技術者に話したらさっぱり伝わらなくて焦ったので、今回は(今回も)どこに需要があるか分からない話を記録しておきます。 度量衡の意味 度量衡(どりょうこう)とは物を計ったり数えたりするのに用いる単位をまとめた制度のことで、人々が経済活動を行う…

物事は比較しなければ分からない~科学的思考の応用

科学における観察と実験 科学史における初期では観察と測定による分析が基本でした。自然や現象を詳細に見て、測り、分析し、解析し、そこから何らかの法則を導き出す行いです。古代の哲人は優れた洞察力による観察で世界の形を見極めていました。世界を眺め…

空気から水を作るにしても限度があるよ!

理科の授業って大切だなー、とふと思い出したので記録しておきます。 空気から水を作る 将来的な水資源の枯渇に備えてか、空気から水を作ることを売りにした商品(ウォーターサーバー)が微妙に流行っています。どのくらい流行っているかの市場規模は分からな…

予防原則を錦の御旗にしてはいけない

過去に予防原則について取り上げていますが、その続きです。 過去の記事でも述べた通り予防原則は原則と銘打ってはいるものの、厳密な定義や適用条件が決まっていません。 現在は将来的な危険・リスクに対して予防的な措置を取るべきと拡大解釈されることが…

ワクチンの目的と免疫系のイメージ

反ワクチン派の若い子に頑張って説明をした時のことを思い出しつつ… ワクチンの副反応 ワクチンも薬ですから、必ず副反応があります。副作用の無い薬は偽薬を除いて存在しません。ゼロリスク思考で考えればそのような危険を避けたくなる気持ちは分かります。…

反ワクチンに関する情報整理

反ワクチン派の若い子と話をしたことがあるため、その時のことを思い出しつつ少し情報を整理してみます。 ワクチンの概要 ワクチンとは感染症の予防に用いる医薬品で、一般的には無毒化あるいは弱毒化された抗原を投与することで、体内の病原体に対する抗体…

科学的思考~石油の起源とルイセンコ主義

もはや我々の生活に欠かすことはできない石油について、実はその起源については今だ議論が割れています。有機成因説、無機成因説が主な説です。一応細菌説もありますが、まあ主流ではありません。西側諸国である日本としては主流の有機成因説しか学校で教え…

予防原則に関する考察~その適用範囲について

環境問題でよくお題目とされているのが予防原則です。これには厳密な定義が無いのですが、大まかに言えば 「科学技術に対して人々の健康や環境に重大かつ不可逆的な影響を及ぼす恐れがある場合、科学的に因果関係が充分証明されないとしても、予防的措置を実…

脱炭素は科学的か?

脱炭素社会が世間で騒がれています。 個人的に「脱炭素はそもそも科学的・合理的なのか」という本質的なところの議論が必要だと考えています。つまり脱炭素というヴィジョンがまず適切であるかどうかを考えなければいけないでしょう。 脱炭素、なんだか良さ…