忘れん坊の外部記憶域

主に時事やビジネス、政治経済や興味を持ったことについて書き散らしています。

ブログを始めて2か月が経ったので備忘録

 というタイトルの記事を書こうとして一週間が過ぎました。じ、時差です。

 今回の記事は未来の自分に向けた備忘録です。そのためいつも以上に適当な文章をだらだらと書き流しています。適当に書いた文章は大体の人から癖や毒が強いと言われるので普段のブログでは真面目に書こうと努力はしているのですが、出来ているかどうかに自信はありません。

きっかけ

 ブログを始めたきっかけはただ単純に備忘録です。母親には「頭のねじをお腹の中に忘れてきたに違いない」と言われるほど抜けた子供だった頃からどうにも記憶力に偏りがあり、興味を持ったら完全に覚えるくせに一昨日の夕飯すら覚えていないような人間のため、自分で考えたことすら2歩歩けば忘れてしまっています。ニワトリ以下です。いや、ニワトリ様と比較するなんて傲慢でした、ごめんなさいニワトリ様。

 そんな人間のため、考えたことを書き留めておこうと思ったのがブログを始めたきっかけです。別にブログの形である必要は無かったのですが、日記的に記録を残す媒体としては完成されているような気がしたためブログにしました。webサイトを開設するのは手間が掛かりそうなのでイヤでした。面倒くさがりなんです。いつも読んでいたブロガーの方がはてなブログで書いていたため、特に何も考えずにはてなブログを選びました。もう少し考えてから動いたほうが良いような人生だとは思いますが仕方ありません、考えたって忘れるのだから。書きながら一昨日の夕飯を思い出そうとしているのですが本当に出てきません、そもそも食べたのかすら自信が・・・

習慣化

 とりあえず始めるからには三日坊主じゃあかんなと思っていたので、毎日1000文字以上の記事を書くことを自分に課しました。別にこれも深い意味は無いです。ブログの開設方法を検索した時に1000文字以上を書いたほうが良いとどこかのブログに書いてあり、まあ先人の言うことは概ね正しいだろうと思ったからです。巨人の肩の上に乗らねば!しかしながら文章を書くこと自体は元々好きなので意味のある制約にはなりませんでした。今のような何も考えていない脊髄反射で書く文章であれば無限に書けます、無限は嘘です。

 飽き性なので毎日書くという制約のほうが将来的にはしんどくなりそうな予感を感じています。予感を感じるは頭痛が痛いというような重言ですが好きなフレーズです。こんな感じですぐに話が逸れることをよく人から指摘されるためブログではなるべく本筋一本決めて書くようにしていますが、文章を書く良い訓練になっているような感じがします。出来ているかは置いておきましょう、きっと未来の私は出来ているはずです。この時点ですでに1000文字を越えました、やっぱり情報量皆無な文章は楽に書けますね。

 心変わり

 そういうわけで基本的には学んだことや人に説明したことをメタ化して多少抽象度を上げた勉強ノートのような記録として残すことを目的にブログを始めました。堅苦しい内容が多くなりますし読んでいて面白くないだろうと思っているため、読者数や閲覧数なんて伸びるわけが無いしそもそもどうでもいいと考えていました。恥ずかしがり屋なので知人にもブログを始めたことは伝えていません。別に恥ずかしいことを書いているわけではないですけどなんとなくです。同じことを学んでいる人の役には多少立つかもしれないと思って一応全世界に公開する設定としましたが、まあそんな人は年に数人程度だろうと。

 ところが人間の承認欲求というのは恐ろしいものですね。忘れもしません、ブログを始めてから大体1か月・・・くらい・・・?忘れたので調べてきました、大体3週間くらいの時でした。初めてはてなスターをいただきました。閲覧数を伸ばす努力なんて一切しておらずブログのグループに一応ちょいと登録くらいしておくかくらいの感覚でやっていたので、こんな場末の薄汚くて読みにくく苔生してカビの生えたゴミのようなブログを読んでいただける方がいるなんて想像もしていませんでした。そもそもはてなスターって何やねん程度の知識だったため、慌てて調べて相手方のブログを読みに行って、まあ読みやすい文章だことと驚きつつもはてなスターをポチっと押したことはさすがに覚えています。

 それ以降も何人かの方々からはてなスターをいただくことになり、驚くことにブログを書く意識が若干変わってきました。こう、人様に見てもらえるところに文章を書いている以上最低限読める文章にすべきじゃないだろうか、役に立つ記事を書いたほうがいいんじゃないか、もっと読んでもらえるようにするにはどうすればいいだろうか、という感じです。始めた頃には考えもしなかったそんな気持ちが芽生えてくることに新鮮味を覚えつつ、意外と大きな承認欲求が自分にも存在したことにも驚きつつ、そんなすぐに人間変われないということもあり徐々にできる範囲で文章を整えていこうと考えている次第です。その頃には投稿記事が30個くらいになっていたため、全部見直して体裁を整え直したりもしてみました。とても時間が掛かったので、初めから考えてやっておけばよかったと後悔しました。結局大して整わなかったですし。

 読者数を増やすにはどんな努力や宣伝をすればいいのかも未だに分かっておらず、はてなブログの文化もよく知らず、どんな文章を書けばいいのかも分からないままに毎日書くことだけは続けようと考えている次第です。できれば勉強ノートの形式としてメタ化した情報を書いていきたい気持ちが強くありますが、人が求める情報というのはむしろ時事ネタに絡めた情報なんじゃないかと思いつつ、結局は思い付いたままに書いていくことになりそうです。

 そんなしょうもないブログですが、今後ともご笑覧いただけますと幸甚です。

 

 一昨日の夕飯は生姜焼き定食でした、久しぶりに外食したのをやっと思い出しました。