忘れん坊の外部記憶域

主に時事やビジネス、政治経済や興味を持ったことについて書き散らしています。

(雑記)勢いではてなブログ有料版にしてみたので備忘録

 先週、唐突に勢いで深く考えずにはてなブログproにお金を払ってみました。どうでもいいところですがプロフェッショナルという言葉には技術屋として重い意味があり、自らをproと呼ぶのは気が引けるため有料版と呼びます。本当にどうでもいいこだわりですね。

 せっかくですので有料版申請前後の動きを備忘録として残しておきます。何がせっかくなのかは分かりませんが。すでに何割かの記憶は忘れましたし。他の人とは多分まったく異なる心理状態で動いていたため誰の参考にもならず読み物としての価値もない文章になりそうです。

 最近雑記が増えてきた気がしますが気のせいです、真面目な人間の振りをしていた化けの皮が剥がれてきたわけではないはずです。まだちゃんと借りてきた猫を被っています、小さな子猫です、隠しきれないなぁ…

申請前

 本ブログは私の備忘録です。学んだことや残しておきたいことを書いています。残念な記憶力しか持たない私はエビングハウスの忘却曲線に従って記憶を定着させるために不定期で自分の過去記事を読んでいます。

 しかし、とにかく広告が邪魔なんです!人様のブログなら一切気にならない広告ですが、自分の記事に出るととにかくうっとおしい!私はこんな商品を薦めていないのに勝手に出てこないで欲しい!

 広告を出さない方法は無いんですか、教えてグーグルさん!ということで検索してみると、どうやらお金を払えば広告を消せるということが分かりました。ふむ、月額が結構馬鹿にならない、もっと利点があれば検討の余地があるのですが・・・

 しかしながら有料版の関連キーワードで検索してもアフィリエイトや収益化の話ばかりです。そんなのは何万PVも集められるブロガーだけ調べればええやん、あっしが知りたいのは有料版の利点じゃけえ、と言語中枢がおかしくなりだした辺りでふとある一文を見かけました。確かこんな感じでした。

 「有料版は独自ドメインが設定できます、独自ドメインってかっこいいよね。」

 ・・・確かに!なんか独自ドメインってかっこいい気がする!これにはお金を払う価値があるんじゃないか?よし、独自ドメインを取ってみよう!え、それにもお金が掛かるの?えー・・・

 となったのが申請一週間前です。そこから数日もやもやしていたのですが、まあいくら掛かるのかくらいは調べてみるかと検索してみたところ、思っていたよりも高くない。いや、むしろ安いんじゃないか?とよく分からない錯誤に陥ってしまった結果、そのまま勢いでドメインを買ってしまいました。ここまで来たら後には引けぬとそのままはてなブログ有料版も申請、無事広告を消すことに成功したという流れです。

 なぜ私がちゃんと貯金をできないのか、その一端を目の当たりにした気分です。

申請後

 ドメイン側の設定やブログの移行、その他各種設定は先人の方々の素晴らしい記事により滞り無く進めることができました。恐らく問題無く実行できたと思います。

 せっかく有料版にしたということで、広告やヘッダー・フッターの非表示、トップページの一覧表示、個別ページの作成など有料版の機能を少しずつ試しています。払っちまったからには使わねばモッタイナイの精神です。

 しかしヘッダーを消すのは良くないかもしれません。ちょっとオシャレ、もの凄く不便、という感じです。「お洒落とは我慢だ」と言いますが、もはや備忘録としての目的を間違いなく見失っています、使いにくくしてどうするんだ。

 どうせなのでデザインにも少し手を入れてみたいと思って弄っているのですが、これは沼ですね。楽しすぎてハマり込むと抜け出せなくなりそうです。よく知りもしないCSSの書き方をすでに何時間も延々と調べてしまっています。色彩センスは皆無なので、「ここは・・・青かな」「この背景は・・・青っぽい色がいいな」「この辺は・・・やっぱり青だな」という青色一辺倒な感じではありますが、まあ個人的に楽しんでいるので見辛くても許してやってください、彼にも悪気は無いんです。(他人事のように)

勉強は楽しい

 人に言うと怪訝な目で見られることが多いのですが、私は自分の趣味を勉強だと思っています。過去の記事でも書いたように、知らないことを知り、新しいことを学ぶ、未知を知り、知を得る。本来勉強とは楽しいものなのです、勉強が嫌いになるのは学校のやり方が悪いせいです。サーバやDNS、CSSといったあまり知らない分野のことを調べて手探りで試していますが、正直なところとても楽しいです。日曜日はそれで丸々潰れてしまいました。ハマりすぎ注意です。

  何かを始めたり新しくやることにおいて、人は必ずしも一番になる必要はありません。世界で一番すごいデザインのサイトやもの凄いCSSを作れなくてもいいんです。人間の行動において世のため人のためになることが一番良いことではありますが、自らのためになることをするのだって良いことです。楽しむための勉強は決して無駄ではありません。人様の迷惑にならない範疇であれば自分が楽しめること、自分のためになることをどんどんやるべきでしょう。

 

 相変わらずまとまりのない記事になりましたが、こんなところで。